腕の痛み

こんな痛みでお悩みですか?

じっとしていても二の腕がジンジンする。

腕が冷えて感覚が鈍い。

肩から手首までうずく。

腕がしびれて手に力が入らない。

箸の上げ下ろしで腕が痛む。

その痛みは、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)かも知れません。

パソコン作業は意外と腕の負担が大きい

腕の痛みを訴えられる方に多いのは、腕を前に習えをした時に体の外側にある肘関節周辺か、二の腕の前側です。これらはスマホやパソコンを操作する時に負担がかかる筋肉です。

毎日何時間も使用するスマホやパソコンの操作が腕の負担になっていることは、あまり知られていません。

スマホのタッチ画面やパソコンのキーボード操作は指先で行いますが、指がぶれないように細かく動かすには、手関節、肘関節、肩関節をしっかりと固定させる必要があります。

この時、腕を体幹(胴体)に接触させているか、肘を机に乗っけていれば負担は少ないのですが、腕を空中に浮かせたまま指を使うとそれぞれの関節にかかる負担はとても大きくなります。

また関節の動きがない筋肉の収縮は、車がアイドリングをしているのと同じ状態なので、エネルギー消費が大きく、疲労がコリとなって蓄積していきます。

スマホやパソコン操作といった関節を固定した動きとは反対に、腕の曲げ伸ばしを頻繁にする労働(荷物の上げ下ろし)や、腕(肩関節に)に強い衝撃が加わるスポーツ(ゴルフ、テニスなど)をする人も疲労が蓄積しやすいです。

 

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の痛みは、こうした「コリ」が長く続いたことで、筋膜の癒着やトリガーポイントが発生して起こります

日常生活で腕に負担がかかる動き

  • 腕を空中に浮かせたまま指を使う:スマホ、パソコンの操作
  • 腕を中に浮かせて何かをつかみ続ける:肩掛けバックのストラップを手で押える
  • 腕を上にあげて何かをつかみ続ける:寝転んで顔の上で読書やスマホ
  • 腕(肩関節)を固定して重いものを持つ:長時間赤ちゃんを抱き続ける、重いカバンを持つ
  • 腕(肩関節)を反復して動かす:ピアノ、バイオリンなどの楽器演奏、荷物の上げ下ろし

病院でつけられやすい病名

頚肩腕症候群、胸郭出口症候群、頚椎症性神経根症、肘部管症候群など。

当院の治療(動画あり)

腕の痛みは、手指、手首、肘関節、肩関節、背中、首との動きの関係の中で発生します。

痛みを改善するにはこれらの部位の状態も確認し、治療する必要があります。

通常3つの段階を経て治癒に導きます。

第1段階 痛みの除去

つよい痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)を鍼(はり)で刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階 癒着の除去

動きの違和感を生じさせている筋膜の癒着を、鍼の刺激でほぐすようにして取りのぞきます。癒着が取れることで、筋膜内を走行している動脈、静脈、感覚神経、運動神経、自律神経が解放され機能が向上します。

第3段階 筋バランスを整える(全体の問題を解決する)

姿勢や動きに偏りが生じていれば、体幹、上肢、下肢全体のバランスを整えます。

施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

自分でできる腕の痛みの緩和法

  • 肩(肩甲骨)をよく回す
  • 肘のストレッチ(指を下にして手のひらを壁につけ体重を壁の方に乗せる)
  • 腕を温める(お風呂につかる)
  • 腕のマッサージ(テニスボールを使うのも効果的)
  • 脇の下をもむ(腕にいく動脈と神経が通っています)
  • 首のストレッチ(腕にいく動脈と神経が通っています)

ミニコラム:痛みは連鎖し記憶される

あなたは痛みを我慢していたら痛い範囲が徐々に広がってきたなと思う時がありませんか?

トリガーポイントは放置すると痛みの連鎖を引き起こすことがあります。それは痛みをキャッチした神経細胞の興奮が同じ脊髄レベルの神経だけでなく、上下の脊髄レベルの神経細胞にもその興奮を伝えるため、元々の痛みの場所から上下・左右の筋も痛みを感じてしまうからです。こうなると症状が複雑になり、元々の痛みの場所=一番負担のかかっていた筋を特定できず、痛みを長引かせてしまいます。

また、脳は「長期増強」という繰り返し入力された情報を記憶するシステムがあります。学生の時に英単語や歴史の年号を覚える為に何度も繰り返し見て、読んで、記憶したあのメカニズムです。痛みを早期に治療せず放置すると、痛みの信号が継続して脳に入力されるため、脳はその情報を忘れないように深く記憶に刻み込み定着させてしまいます。すると痛みの原因が取れても痛みの記憶だけが残り治療も難しくなります。

痛みの悪循環を生まないためにトリガーポイントは早い段階で治療する必要があります。