顎関節の痛み

顎関節の痛み

こんな痛みでお悩みですか?

アゴが痛い。

口が開けづらい。

アゴが痛くて固いものを噛めない。

アゴの下(のどの辺り)に異物感を感じる。

アゴから側頭部にかけて強い痛みがある。

その痛みは、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)かも知れません。

顎関節痛を鍼で治すという発想

顎関節痛の原因は大きく分けて2つです。

①関節円板のズレ

②咀嚼筋(咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋)の疲労

関節円板のずれは脊椎に見られるヘルニアと同じで、関節に大きな圧力がかかり続けたことで起こります。関節円板がずれることで、かみ合わせが悪くなり、そのズレを調整しようとする動きが周囲の筋肉やあごの関節に負担をかけて、コリや痛みを生みます。

咀嚼筋が疲労する原因は食習慣と食いしばりです。

固い食べ物を好んで食べる人は当然のことながら咀嚼筋が疲労しますが、柔らかい食べ物しか食べない人もまた、筋力の低下により少しの咀嚼で筋肉が疲労します。

顎関節にとって一番負担が大きいのは何と言っても、食いしばりです。

食いしばりは、かみ合わせに起因するものから、ストレス、舌を動かす筋力の低下まで原因は様々です。アゴは頭蓋骨の一部なので、顎関節のコリは、頭痛、耳鳴りといった頭部器官(眼、鼻、耳、口)の機能低下をもたらすだけでなく、首肩こりの原因にもなります。

これまで顎関節を鍼で治療するという発想は一般的にあまりありませんでした。が、顎関節も他の関節と同じ構造なので鍼の治療は可能ですし、その効果は絶大です。

何年も顎関節の痛みに悩んだ人からは「こんなに早く改善するなら、鍼を早くやれば良かった」と好評をいただいています。

 

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の痛みは、こうした「コリ」が長く続いたことで、筋膜の癒着やトリガーポイントが発生して起こります

顎関節に負担がかかる動きや要素

  • 顎に強い圧力をかける:日中や睡眠時の食いしばり、歯ぎしり、頬杖をつく
  • 歯を食いしばって全身に力を入れる:筋トレ、ゴルフ、テニス
  • 片側だけで噛むクセ
  • 顎をカクカクならすクセ
  • 精神的緊張
  • 柔らかい食べ物しか食べない
  • 固い食べ物を好んで食べる
  • 慢性的な首こり
  • 慢性的な肩こり

病院でつけられやすい病名

顎関節症

当院の治療(動画あり)

顎関節の痛みの治療は、顎関節周辺、側頭部、首、肩の筋肉をすべて緩めます。

食いしばりのある方は前述の治療に加え「食いしばりグセ」を止める取り組みが必要です。

当院では舌の機能低下が食いしばりにつながっていると考えているので、舌筋のマッサージやトレーニングを指導しています。

通常3つの段階を経て治癒に導きます。

第1段階 痛みの除去

つよい痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)を鍼(はり)で刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階 癒着の除去

動きの違和感を生じさせている筋膜の癒着を鍼の刺激で、溶かすようにほぐすようにして取りのぞきます。癒着が取れることで、筋膜内を走行している動脈、静脈、感覚神経、運動神経、自律神経が解放され機能が向上します。

第3段階 筋バランスを整える

姿勢や動きに偏りが生じていれば、体幹、上肢、下肢全体のバランスを整えます。

施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

自分でできる顎関節の痛みの緩和法

  • 咬筋(えら周辺)をくるくる小さな円を描くようにマッサージ
  • 側頭筋(こめかみ周辺)をくるくる小さな円を描くようにマッサージ
  • 首の筋肉(顎の下から鎖骨にかけて)を上から下へさするようにマッサージ
  • 耳つけ根からぐるぐる回すマッサージ
  • 舌を出したり引っ込めたりして顎の周りの筋肉をリラックスさせる

ミニコラム:痛みは連鎖し記憶される

あなたは痛みを我慢していたら痛い範囲が徐々に広がってきたなと思う時がありませんか?

トリガーポイントは放置すると痛みの連鎖を引き起こすことがあります。それは痛みをキャッチした神経細胞の興奮が同じ脊髄レベルの神経だけでなく、上下の脊髄レベルの神経細胞にもその興奮を伝えるため、元々の痛みの場所から上下・左右の筋も痛みを感じてしまうからです。こうなると症状が複雑になり、元々の痛みの場所=一番負担のかかっていた筋を特定できず、痛みを長引かせてしまいます。

また、脳は「長期増強」という繰り返し入力された情報を記憶するシステムがあります。学生の時に英単語や歴史の年号を覚える為に何度も繰り返し見て、読んで、記憶したあのメカニズムです。痛みを早期に治療せず放置すると、痛みの信号が継続して脳に入力されるため、脳はその情報を忘れないように深く記憶に刻み込み定着させてしまいます。すると痛みの原因が取れても痛みの記憶だけが残り治療も難しくなります。

痛みの悪循環を生まないためにトリガーポイントは早い段階で治療する必要があります。