腰痛腰椎ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症、変形性脊椎症

慢性腰痛とは深層筋の痛み

腰痛は人間が二足歩行を始めた時から始まった「人類宿命の病」といわれています。それは、ヒトが直立した時に約5kgもの重さがある頭と、たくさんの臓器を内包する腹部の重さが骨盤を底辺とする腰周辺にズッシリとかかってくるからです。また腰はヒトの前後屈、左右の側屈、ひねりといった動きの支点となります。立っている時、座っている時、活動している時、腰は人体のかなめとして体を支え続けています。その為、腰には疲労がたまりやすく日々のケアは不可欠です。休息、ストレッチ、運動、入浴などで筋肉を適度に休め鍛えること。これらの日々のケアを怠ると慢性腰痛の一歩を踏み出すことになってしまいます。

日本には現在1300万人の腰痛患者がいるといわれていて、この数は医学が発展した現代においても一向に減少していません。その理由は3つあります。第一に病院では画像検査に頼った診断で『ヘルニアや脊柱管狭窄といった骨の変形や構造の異常が原因とする治療が行われていること』。次に、民間の治療院では筋肉の治療が行われているものの、体を支えている骨や関節の近くにある『深層筋をターゲットにした治療がされていないこと』、そして『患者自身の日々のケア、生活習慣の改善がされていないこと』です。

慢性腰痛の85%は原因がはっきり特定できない非特異的腰痛(痛みの原因となりそうな疾患や骨の構造に異常がない腰痛)です。それにもかかわらず、いまだに整形外科では画像に映るヘルニアや骨の変形が痛みの原因と診断し、投薬、湿布、リハビリを長期間行ったあげく、痛みが消えなければ手術を勧められます。手術で筋肉の緊張が取れ痛みが消えれば良いのですが、筋肉を柔軟に保つ努力を怠れば症状は再発します。また手術痕がひきつれとなりさらなる痛みを生むことも少なくありません。欧米では、20世紀初頭から様々な研究と調査が行われ「ヘルニアがあっても痛みのない人がいる」「手術で神経の圧迫をとっても痛みが消えない人がいる」といった結果から、構造の異常と痛みは必ずしも関係しないという結論が出されました。そして痛みには、運動機能、生理機能(内臓、免疫)、心理機能が大きく関係しているとされ「機能的アプローチ」での診断が行われています。その中で筋骨格系(骨、筋肉、腱、靱帯、関節、軟骨)の痛みやしびれのほとんどは、筋肉の微小な損傷が始まりでおこる『筋・筋膜性疼痛症候群』だと考えられており、筋肉や筋膜に出来たトリガーポイントをターゲットにした治療が主流となっています。

日本でもマッサージ、整体、カイロプラクティック、ストレッチといった筋肉や筋膜をターゲットにした治療は様々にありますが、何層にも重なった太くて大きい腰の筋肉を最深層まで指でほぐすことは不可能です。腰の深層筋を直接治療できるのは鍼だけです。しかも腰椎の関節周辺の筋肉をほぐすことが出来る深部に届く鍼治療でなければ意味がありません。深層筋の鍼治療を行い、日々のケアを欠かさなければ、何年、何十年も苦しめられた慢性腰痛は意外なほどあっさり改善します。

名称:腰方形筋
片側の収縮で体幹を収縮した方に曲げる。両側の収縮でいきみ、呼気に働く。体幹の側屈に大きく貢献する。この筋肉の働きが悪くなると側腹部の安定が悪くなり姿勢保持に影響を及ぼします。

名称:大腰筋
浅層は第12胸椎から第1-4腰椎から、深層は第1-5腰椎から大腿骨に付着する筋。大腿直筋とともに股関節を折り曲げる(足をあげる動作)。この筋肉にコリが生じると骨盤が過度に前傾し腰痛の元となります。

名称:多裂筋
脊柱起立筋のひとつ。片側の収縮で脊柱を収縮した方に曲げながら反対側に回旋させ、両側の収縮で脊柱を伸ばす作用。上半身の安定、姿勢保持に大きく貢献しています。

名称:腰外側横突間筋
すべての腰椎の隣接する上下の肋骨突起を結ぶ。腰内側横突間筋、頚前横突間筋、頚後横突間筋とともに、片側の収縮で頚椎から腰椎を同側に曲げる、両側の収縮で頚椎から腰椎を安定化し伸ばす作用。

ヒューマン・アナトミー・アトラス 画像の使用 @visiblebodyに感謝します。