あんにょん鍼灸院 は、硬くなった筋肉(コリ)が原因で痛みやしびれを起こす『筋筋膜性疼痛症候群』の改善を行うはり専門の治療院です。特に手技による施術や器械では治療することのできない、骨や関節の近くにある深層の筋肉、腱、靭帯をターゲットにしたはり治療を行っています。

はり治療の注意点

当院のはり治療を受けられる際は、下記の事柄をあらかじめご了承ください。

1.ひびきがあります。

当院のはり治療は一般に広く行われているツボにはりをさす施術ではなく、硬くなった筋肉や腱、靭帯に直接はりの刺激を加え体の反射を利用して筋肉をゆるめていきます。はりの刺激でトリガーポイントと呼ばれる発痛点が消失した時は「局所単収縮」というピクっと筋肉が動く現象や、「ひびき」というはり治療独特の感覚があります。この感覚は、“痛い”という人も〝気持ちいい”という人もいて感じ方は人それぞれです。いずれにせよ、注射のように鋭く強烈な痛みはありませんのでご安心ください。

ひびきとは:鍼の刺激によって体の深部にズーンとした感じが起こるはり治療独特の感覚。皮膚や筋、靱帯、骨膜や関節包などに広がっている神経や受容器が刺激されて起こる。この刺激により患部の感覚神経と運動神経の連絡網が活性化され筋肉がゆるむと考えられています。

2.施術後にだるさや眠気がでます。

はり治療後は血管が拡張され副交感神経が亢進してくるので、体がだるくなったり眠気を感じたりします。これは体が副交感神経優位の「休養モード」にすることで細胞の修復を促進しているからです。施術当日は激しい運動や活動は控えてこの働きを助けてあげてください。

3.好転反応が出る場合があります。

施術の当日や翌日に施術した場所が筋肉痛のような状態になったり、体のもともと弱い場所が痛くなったりすることがあります。これらははり治療後に現れる「瞑眩(めんげん)」と言われるもので、体の治癒反応、いわゆる好転反応です。はり治療によって血流が改善され、不要なもの、滞っていたものが流れ始めるので、それに伴い様々な症状が現れます。この反応は通常半日から2日くらいで治まりますが、強く反応が出ていたり、不安になるようでしたらいつでもご連絡をください。

4.内出血を起こすことがあります。

施術時には安全を第一に万全の注意をはらっていますが、まれに首や胸など皮膚の薄い個所を施術した際に、はりで毛細血管を傷つけてしまうことがあります。そうなるとその場所が内出血を起こし1週間ほど青くなってしまいます。申し訳ないことではありますが、青くなる以外の問題はありませんのでご安心ください。

ご予約からお帰りまで

ご予約

お電話かメールでご予約をお取りください。メールでのご予約は当院からの返信を持ちまして予約の受付が完了となります。新規の方は必ず改善したい症状をご記入ください。

ご来院

予約時間の10分ほど前にお越しください(当院までのアクセスはこちら)。もしお時間に遅れる場合はご一報ください。到着される時間によっては、その日の施術が出来ない可能性もあります。

予診票のご記入

待合室で予診票をご記入いただきます。
予診表の情報は早期改善の助けになります。できるだけ詳しく書いてください。

カウンセリング

予診票をもとに、痛くなった経緯のお話や症状を伺います。ご質問やご相談があれば遠慮なくお話しください。

検査、触診

触診、姿勢、関節の可動域、神経の異常、動作時の痛みの有無などを見る検査を行います。

施術方針の説明

検査の結果をふまえて、施術方針を説明します。
施術に関するご要望やご質問があれば遠慮なくお伝えください。

施術

患者様の症状や体質に合わせた細さのはりを選び、刺激量を加減しながら施術を行っていきます。体をストレッチさせたり関節を動かしながら痛みの有無を確かめ、確実に痛みを取りのぞいていきます。

施術後の説明

施術後の状態や今後の施術計画などの説明を行います。ご自宅や職場で行っていただけるセルフケアや予防法(姿勢、動作指導)もお伝えしていきます。

お会計/次回のご予約

お支払いは現金、各種クレジットカード、PayPayが可能です。必要があれば次回のご予約もしてください。

※鍼灸院での自費治療は医療費控除の対象となります。必要な方はお会計時に領収書の発行をご要望ください。