『深層筋のはり治療院FREE|東京新宿』のサイトにようこそ。

当院は慢性痛の原因でありながら、いまだ認知が広まっていない~筋筋膜性疼痛症候群(MPS)~の改善に特化したはり専門の治療院です

難しい名前がついていますが、MPSはひどいコリが原因となって痛みやしびれ、自律神経失調症を引き起こす病気です。

当院では筋肉の中でも、特に手では届かない骨や関節の近くにある筋肉=深層筋をターゲットにした治療を行っています。

こんなお悩みはありませんか?

  • いくつもの病院で検査を受けたけど痛みの原因がわからなかった。どこに行けばいいんだろう・・・。
  • 病院で電気治療とリハビリを続けているのに痛みが消えない。この治療でいいのかな?
  • 痛み止めは効いたり、効かなかったり・・・。このまま薬を飲み続けるのは不安。
  • 鍼、整体、カイロプラクティックとあらゆる治療を受けたけど、一時的な効果しかなかった。もう治らないのかも・・・。
  • 痛みを取るにはもう手術しかないと言われた。手術は絶対に嫌だ。

もし、あなたが上記のような痛みでお悩みなら、FREEが力になれます。

代表あいさつ

はじめまして。代表の姜(かん)です。

当院には今のあなたと同じように、つらい痛みを抱え、色々な治療を受けて来た「痛み難民」とも言える方々が多く来院されています。

痛みから一刻も早く解放されたいのに、なぜ痛むのか、どこに行けば治るのかが解らない状態はとてもつらいですよね。

実は私も、かつて母の介護をしている時に歩けなくなるほどの腰痛を患い、不安や恐怖に押しつぶされそうになりました。

その時受けた画像検査では、私の椎間板の一つはペチャンコにつぶれて、上下の骨が一つの骨のようになっていました。医者には治らないと言われるし、痛いし、母の介護は待ったなしだし・・・。

そんな私が今では痛みに苦しむこともなく、色々なスポーツも楽しんでいます。椎間板がつぶれてしまったことと痛みとは関係ないんですよ。

あなたが今苦しんでいる痛みの正体。それは、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)という筋肉の病気です。

聞きなれない病名でしょうが、硬くなった筋肉(いわゆるコリ)が原因で様々な症状を起こす病気です。痛みの研究が進んだ欧米では一般的な病気ですが、日本では医師を始め一般にもまだ認知が進んでいない為、多くの人が「痛み難民」となっています。

慢性痛の克服には「コリは立派な病気と認識すること」「適切な治療」「運動習慣」が欠かせません。

筋肉の治療は、昔から鍼が一番なんです。なぜなら鍼は、体の内側から筋肉を治療できる唯一の方法だから。

鍼は怖いと思うかも知れませんが、勇気を出して受けてみてください。きっと、他の治療では得られなかった痛みのない日常が取り戻せますよ。

FREE代表 姜 榮曙(かん よんそ)

慢性的な痛みの正体 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)とは

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉の慢性的な痛みやしびれ、自律神経症状を併発する病気です。

通常、私たちがスポーツや労働で肉体を酷使した時、重い物を持った時、無理な姿勢を続けた時は、筋肉に過剰な負荷がかかって「筋肉痛」がおこります。この筋肉痛は特に治療をしなくても、数日安静にしていれば自然に消えていきます。

しかし、負荷がかかった筋肉にさらに負荷をかけたり、筋肉が冷やされる状態などが続いて血行が悪くなると、通常の筋肉痛のように短期間では自己回復できなくなります。

この状態が、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を起こした筋肉には、トリガーポイントと呼ばれる、痛みを感じるセンサーが過敏になったスポットが形成されています。また、MPSは慢性化しやすく、時間の経過とともに痛みやしびれの範囲が広がり、様々な自律神経症状を引き起こすのが特徴です。

 

なぜ筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を発症してしまうのか?

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の原因は複数あると考えられていますが、次の4つで多く発症します。

1.動的な負荷:筋肉の収縮と弛緩が繰り返されている状態

例)スポーツ、肉体労働、楽器演奏、ダンス、筋トレなど。美容師や料理人といった、指や手を反復して動かすことも含みます。

2.静的な負荷:筋肉の緊張が続いている状態。

例)長時間の同じ姿勢(立ちっぱなし、座りっぱなしなど)、猫背・反り腰・巻き肩など解剖学的に正しくない姿勢、肩や腕、手にモノを抱えたままの姿勢、精神的な緊張による体の硬直など。

3.筋力の低下:重力に抗して姿勢や骨格を支える力が弱くなっている状態。

例:運動不足、老化

4.手術による組織損傷:外科的な治療による皮膚や筋層の損傷が起こった状態。

例)開胸手術、開腹手術、アキレス腱、靭帯断裂、人工関節置換手術など。

上記以外にも、栄養、睡眠、喫煙、ストレスなども原因と考えられていることから、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は『運動器の生活習慣病』とも呼ばれています。

コリが筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を発症するまで

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉が硬くなる事(=コリ)が発端で様々な症状をきたす病気です。コリは私たちに馴染みの深いものですが、こじらせるととてもやっかいな事になります。

通常筋肉は次のような段階を経て強い痛みを発するようになります。

1血行の悪化による「コリ」

筋肉は体を動かすことで収縮と弛緩を繰り返し、血行をうながしています(筋ポンプと言います)。同じ姿勢が長く続いたり、冷房などで筋肉が冷やされるとこの「筋ポンプ」が働かず、血行が悪化して筋肉が酸欠で硬くなります。また、肉体の酷使で筋肉のエネルギー需要が供給を上回った時にも酸欠になります。

コリのある筋肉は、老廃物が滞積しているので、グーっと押したり、バンバン叩きたくなるような不快感を招きます。特に筋肉を動かしていない起床時や、オフィスワーカーは夕方に強くコリを感じます。

2コリの長期化による「筋膜の癒着」

筋肉がこって酸欠状態が長期化すると、筋肉を包む筋膜に内圧が強くかかります。筋膜は本来柔軟性と滑走性を備えていますが、筋膜への継続的な内圧は、筋膜を構成している組織に変性を起こし、筋膜同士や筋膜と骨膜に癒着(ひっつき)がおきます。

筋膜に癒着が起きると、一定方向に収縮する筋肉の動きが阻害されて、体を動かした時に、引っ張られるような、引っかかるような違和感を感じます。動作痛も出ます。

3コリ&筋膜の癒着による「トリガーポイントの形成」

筋膜が癒着した状態で体を動かし続けると、癒着している部分に隣り合った筋肉、連動する筋肉の負荷が増し、コリや癒着の範囲がどんどん広がって行きます。そして最も負担のかかっている筋膜にトリガーポイントという発痛点が生じます。

トリガーポイントには「活動性トリガー」と「潜在性トリガー」があります。「活動性トリガー」にはじっとしていても痛い自発痛と、その部分を押すと離れた場所も痛む関連痛が見られます。「潜在性トリガー」は押されないと痛みを感じませんが、放っておくと活動性に変化します。

なぜ深層筋の治療なのか?

筋肉には、皮膚に近い体の表面にあって大きな力を発揮する浅層筋(アウターマッスル)と、体の深部で骨や関節を支える深層筋(インナーマッスル)があります。

浅層筋はモノを持ち上げる、走る、ボールを投げるといった大きな力を発揮する時に活躍し、深層筋は動き始めに骨格を支え、体の動きに合わせて関節を調整して適切な姿勢を保持しています。また地球上には重力があるので、その力に抗して姿勢を保持しているのも深層筋です。

現代人の生活は、色々と便利になって活動量が減った分、支える筋肉=深層筋の負担が大きくなっています。

深層筋は浅層筋と比べてパワーが少なく、鍛えることが難しい筋肉なので、この深層筋に痛みを感じている人が多いのです。

肩が痛くて上げられない、動き始めに膝や腰が痛い、同じ姿勢を取り続けられないというのは、深層筋の障害です。

深層筋が硬い状態が長期間続くと、骨や関節が引っ張られてアライメントが崩れ、脊柱側弯、骨盤のゆがみ、変形性関節症の発症につながります。

なぜはり治療なのか?

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の痛みの元は、「血行不良」「筋膜の癒着」「トリガーポイント」です。

痛みを改善するには、痛みの度合いによって、これらのどれか、あるいはすべてを解消させる必要があります。

血行不良を改善する方法はたくさんあります。有酸素運動、入浴、ストレッチ、マッサージ、整体、経絡(ツボ)を使うはり治療etc。しかし、組織の変性によって起こる、筋膜の癒着、トリガーポイントは血行を改善するだけでは解消されません。

では、どうするのか?

はりで組織を再生させるのです。乱暴な言い方をすると、はりの刺激で癒着が起きた筋膜を壊すのです。そうすることで、トリガーポイントは瞬時に消失し、傷を治すために血液量が増加して、血行不良と癒着も同時に解消されます。これがはり治療が筋肉の治療に一番だという理由です。

ただ、はり治療にも色々あって、ツボに浅く刺したまま一定時間置くものや、電気を流す施術は、浅層筋には効きますが、深層筋の筋膜の異常にはあまり効果は期待できません。

また中国式の針治療は、太い針を筋肉に一気に押し込むので刺激が強く、狙った所だけでなく、健康な組織も傷つける可能性があります。

トリガーポイントを始めとする筋膜の異常は、特定の筋肉の、特定の場所に発生する為、患部にピンポイントでアプローチしなければ意味がないのです。

当院の深層筋トリガーポイントはり療法』は、深層の筋膜の異常を早期に解消できる独自の技術です。

FREEの施術の特徴

体を部分ではなく筋膜のつながりでとらえています。

FREEでは体の痛みや違和感を部分的な障害ではなく、全身を覆う筋膜の張力のひずみと考えます。体は筋膜という情報ネットワークでつながっているので、部分だけの治療ではすぐに症状が再発しやすく不十分です。筋膜の張力バランスが良ければ、血液、神経(感覚神経、運動神経、自律神経)、リンパ液の流れがスムースになり、健康な体を維持できます。

「触れる」というアナログな情報収集にこだわっています。

東洋医学と西洋医学の最大の違いは触れることにあります。トリガーポイントは、東洋医学の「阿是穴(あぜけつ)」で、押されて「あーそこそこ!」と感じる場所なのです。また、近年筋膜の異常を探す超音波エコーの技術が発展し治療に取り入れられていますが、複雑に重なり交差する筋肉の異常を見つけるのは「鍛え上げた鋭敏な手の感覚」が一番だと思っています。

はりを筋肉の内視鏡のように使うオリジナルな施術をしています。

FREEのはり治療は一般的に行われている鍼をツボに刺して一定時間を置いたり、電気を流す治療ではありません。深部にできたトリガーポイントや癒着を指で丹念に探し当て、患部にピンポイントで鍼の刺激を与えることで筋膜の異常を解消します。

 

 

FREEの施術であなたが得られるもの

痛みから早く解放されます。

FREEの施術は、痛みを発しているトリガーポイントにダイレクトにアプローチし異常を取りのぞくので、痛みが早く解消します。

症状の再発が防げます。

FREEでは痛みを取りのぞくだけでなく、痛みが出るにいたった原因(姿勢、動き方のクセ、生活習慣など)をお伝えし、対処法を指導することで再発を防止しています。

体の動きがスムースになります。

FREEの施術は骨や関節を支える深層筋のコリにアプローチするので、固まって動きが悪くなっていた関節が本来の可動域を取り戻し、日常動作がスムースになります。

疲れにくくなります。

深層筋が柔軟性を取り戻すと骨や関節が安定し、正しい姿勢がラクに取れるようになります。それは重力に同調した姿勢なので、余計な力を使う必要がなく疲れにくい体になります。

自律神経が整います。

深層筋には体の感覚を脳に伝えるセンサーがたくさんあります。脳はそのセンサーからの情報を受けて、自律神経で生体機能を自動調整しています。深層筋が健康だと自律神経も整います。

 

ご来院の方へのお願い

当院は1日6人限定、完全予約制です

FREEの施術は、トリガーポイントや筋膜の癒着がある箇所に、一か所一か所鍼で刺激を与えていく手法なので、とても手間がかかり集中力を要します。

その為、1日6人が限界なので、完全予約制とさせて頂いています。

当日のご予約も受け付けていますが、1週間先の予約まで埋まっていることが多いので、お早めにご予約いただけますと幸いです。

施術を受けられる前に疑問や不安を解消されたい場合は無料相談を受け付けておりますのでご利用ください。

 

初診料無料キャンペーン実施中

FREEでは現在、初診料無料キャンペーンを実施しています。
この機会に是非、深い患部に届いて効く、深層筋のはり治療をお試しください。

なお、当院では、感染症対策は政府既定の方針に加え、万全の対策を整えて、皆様をお待ちしております。どうぞ安心してお越しください。