こんな症状にお悩みですか?

☑こめかみが頻繁にズキズキする
☑頭全体がぎゅうっと絞めつけられるように痛い
☑頭痛とともに吐き気や嘔吐がある
☑夕方になると頭重感や痛みがでる
☑生理の前後に眼がチカチカして頭痛が起こる
☑頭の中で鐘がガンガンなるような痛みがある
☑気圧の変化があると激しい頭痛に襲われる
☑頭痛がまた起きるのが怖くて薬が手放せない
☑どんな薬ももはや効かない
☑色々な治療を受けたのに改善しなかった

あんにょん鍼灸院は、深層筋へのはり治療でつらい頭痛を改善します。

首こりと頭痛

日本人成人の3人に1人が日常的に頭痛に悩む「頭痛もち」と言われています。ひとくちに頭痛と言っても、その原因と症状は様々です。

頭痛には大きく分けて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」があります。「一次性頭痛」は、他に原因となる病気のない頭痛です。片頭痛、緊張型頭痛、片頭痛と緊張型頭痛の混合型、群発頭痛など、頭痛の9割はこの「一次性頭痛」です。

一方の「二次性頭痛」は病気やケガなどが原因で引き起こされる頭痛です。頭部外傷や脳腫瘍などの外科的なものから、感染症、薬物乱用頭痛といった内科的なもの、眼・耳・鼻、口腔疾患、神経痛など原因は様々です。

この「二次性頭痛」は、くも膜下出血、脳腫瘍など見逃すと危険性が高い病気が原因のこともあるので注意が必要です。

二次性頭痛を疑うのは 1. 突然の頭痛, 2. 今まで経験したことがない頭痛, 3. いつもと様子の異なる頭痛, 4. 頻度と程度が増していく頭痛であればすぐに医療機関を受診して検査を行ってください。

あなたの頭痛が「緊張型頭痛」であれば、症状の出方がどうであれ、そのほとんどは首肩こりに起因して起こっています。

首肩こりが起こる原因は3つ

1.悪い姿勢、長時間のPC操作による筋肉の緊張:猫背やモニターを見るために前方に移動した頭部を支えるために首や肩の筋肉が緊張すると、この緊張が頭(頭部を覆っている帽状腱膜)にも広がり、神経を引っ張って頭痛を引き起こします。

2.眼のオーバーユース(酷使):PCやスマホのモニターを凝視するために、眼の周辺の筋肉が緊張すると、この緊張が首・肩には波及します。眼を使いすぎると、頭部への血流需要が増すため、帽状腱膜の内圧が上がり、首肩こり→頭痛を引き起こすことがあります。

3.ストレス:精神的なストレスを抱えていると体(特に上半身)は緊張します。また長時間の悪い姿勢や同じ姿勢もストレスの要因です。ストレスは筋肉の緊張を引き起こし、血流や神経の正常な機能を妨げ頭痛を起こします。

緊張型頭痛の次に多い「片頭痛」は、動脈の拡張が血管の神経を引っ張っることで痛みます。

片頭痛持ちあるあるに「遊びに行き、家に帰ってきたら頭痛が始まった」というのがあります。これは自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいっていないことが大きな要因です。

自律神経の調整に大きな影響を及ぼすのが、後頭下筋群(こうとうかきんぐん)や胸鎖乳突筋といった首の筋肉です。

頭痛がなかなか治らないという方は首の深層筋、特に頭痛筋と言われる後頭下筋群の柔軟性を取り戻せていないからだと私は考えています。

ただ100%片頭痛という方は「体質」的な要素も大きいので、はり治療でまったく頭痛を起こさないようにするのは難しく、漢方薬での体質改善などをお勧めしています。

上記の他に、顎関節の不具合、食いしばり、歯ぎしりの習慣、薬の副作用も頭痛の原因です。痛みを増悪させる要因には、飲酒、過食、不規則な生活習慣、ストレス、睡眠不足、運動不足などがあります。

施術のポイント

首肩こりの深層筋をゆるめます

頭痛を起こしているのは、頭部を覆う「帽状腱膜」、頭部の動きを制御する「後頭下筋群」、頭部の回旋にかかわる「板状筋」がほとんどです。これらを中心にこりやゆ着を解消し、血流が改善し、神経がひっぱられることなく頭部が動かせれば頭痛は起こりません。

血流の良い体をつくります

自律神経の司令塔である脳の活動には、糖と酸素が不可欠で、それらは血液に乗って脳へと送られます。血流の良い体に必要なのは、やわらかい腸、柔軟な筋肉、深い呼吸です。当院では施術とセルフケアでこれらを実現します。

自律神経を整えます

筋肉の緊張や血管の拡張をつかさどっているのは自律神経です。頭痛の直接的な原因は「筋肉のこり」ですが、緊張しずらい体、自律神経の調整がスムースに行けば頭痛は起こりません。当院では治療とセルフケアで自律神経のリズムを整えていきます。

施術ポリシー

【取りのぞく】
血管、神経、リンパ管の機能を阻害している深部の筋肉の緊張(コリ)を独自の技術で取りのぞきます。血液、神経信号、リンパ液の流れが良くなれば、体はあなたが本来持っている治癒力を最大限に発揮してくれます。

【巡らせる】
コリがあることで停滞していた老廃物を流すとともに、血液、神経伝達物質、リンパ液が体の隅々まで流れるようにします。具体的には、血液の元をつくる「腸のマッサージ」、第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」のマッサージ、筋肉をスムースに動かす「筋膜リリース」です。

【持続させる】
深層筋のコリを取りのぞき、血液、神経伝達物質、リンパ液が体の隅々まで巡るようになった『良い状態の体』を持続させるためのセルフケアを指導します。重力に対して負担が少ない姿勢、動き方に加え、自律神経の働きを安定させる日常生活の知恵などをお伝えします。

当院のはり治療(深層筋鍼法)をご紹介します