手首や指の痛みに悩む人は少なくありません。主婦、美容師、飲食店で給仕をする人、楽器を弾く人などなど。その多くは繰り返し同じ筋肉を酷使することによって起きる筋疲労が原因です。筋疲労の起きた筋肉は筋線維を束ねる腱が肥厚(太く厚くなる)するため、動くたびに腱同士が摩擦し神経を刺激します。

最近はスマホの操作が原因の手指の痛みも増えています。この場合は特に親指の付け根が痛みます。スマホの重量は平均して約150g。中ぐらいのバナナ1本分の重さです。この重量を手のひらで長時間保持しつづける、あるいは保持したまま親指でキーを押す、といった動きは手指の小さく細い筋肉には大きな負担となります。

手指の小さな筋肉に、トリガーポイントと呼ばれる発痛点が生じると手技で解消するのはとても困難です。その点はりなら、ピンポイントでトリガーポイントをとらえる事ができるので、痛みの解消に即効性があります。

当院では手首や手指の痛みを早期に解消するだけでなく、体に負担のない動き方の指導で再発を防止します。

手指痛の原因となっている動き、生活環境、生活習慣を探ります

初回のカウンセリングでは手指の痛みが起こってからこれまでの経緯、治療歴、よく行う作業、生活習慣などをお聞きします。検査ではいつ痛いのか、どの動きでどこが痛むのかを確認し施術方針を決めます。

手指、手首の筋肉、腱、靭帯をゆるめます。

手首や指に分布している小さな筋肉、靭帯、腱をターゲットにした施術を行います。手指や手の筋肉はそれぞれが小さくて細いので、ここにできる組織の異常も米粒ほどの大きさです。この小さな患部をピンポイントでとらえ適切な刺激を与えれば手の痛みは瞬時に消えます。

手指の痛みは末梢の血流障害と腱の肥厚

手・手指の疾患は手根管症候群、へバーデン結節などたくさんあります。これらの多くは末梢の血流が悪くなっていることと、オーバーユースによる腱の肥厚(太く厚くなること)です。はり治療はこのどちらも短期間に改善することが可能です。

施術について

第一段階:痛みの除去(部分の問題を解決)
強い痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)をはりで刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階:柔軟性の回復(周辺の問題を解決)
痛みが生じている筋肉のコリを、はりの刺激で一層一層溶かすようにほぐすして取りのぞきます。コリ(筋膜の癒着)が取れることで、圧迫されていた血管と神経が解放され筋肉が柔軟性を取り戻します。

第3段階:筋バランスを整える(全体の問題を解決)
コリによる関節の可動域制限や姿勢の偏りがあれば、そのコリを取りのぞいて全身の筋バランスを整えます。
施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

料金表

初見料
¥1,100
施術料
¥4,400
別府市のはり・きゅう・マッサージ券がご利用いただけます。
△¥1,100