頭痛には「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」があります。この中ではり治療が一番効果を発揮するのは「緊張型頭痛」です。

緊張型頭痛は、身体的ストレス(同じ姿勢、悪い姿勢、体の酷使など)や精神的ストレス(不安、心配、怒りなど)がきっかけになって起こります。ストレスは交感神経を活性化するため、神経や筋肉が過度に緊張し、筋肉に疲労物質(毒素)がたまり、痛みを感じる神経の調整機能が低下して頭痛が生じています。

『頭痛筋』と言われるのは、頭部と首の境目にある後頭下筋群です。この筋群は重い頭を三脚のように支えながら、頭部の動き、目のピント調整に関与しています。その為後頭下筋群のコリは頭痛、目の奥の痛みを誘発します。後頭下筋群は首の最深部にあるため、指でほぐすのは難しく、はりでしかほぐせないと個人的には思っています。

当院では今ある頭痛を解消するだけでなく、頭痛を誘発する首肩周辺のコリを取りのぞき、薬のいらない生活を取り戻します。

慢性的な頭痛の原因をカウンセリングと触診で探ります。

初回のカウンセリングでは頭痛が起こってからこれまでの経緯、治療歴、仕事環境、生活習慣、ストレスの有無などをお聞きします。検査では頭痛を感じる場所の圧痛の有無、拍動、首肩のこり具合を確認し頭痛の原因を探ります。

首、顔、肩、背中の筋肉をゆるめます。

首と頭の境目にある後頭下筋群や頸椎、肩の筋肉を中心に施術します。頭痛は頭部への血流障害によって起こります。後頭部に血液がうっ滞している場合は「刺絡」という、身体の中の溜まってしまった古い血液を体外に排出して血流を促進する施術も行います。

頭痛は薬では治りません

頭痛は他の痛みと比較してはり治療の効果が最も早く期待できる痛みです。ですが、薬を長く常飲されている方は症状が複雑になっているので改善には時間がかかる傾向にあります。そのため治療をしながら減薬に取り組んでいただく必要があります。また、片頭痛と緊張型頭痛の混合型の方は、はり治療後に血流が良くなり、一時的に痛みの症状が悪化することがありますのでご注意ください。

施術について

第一段階:痛みの除去(部分の問題を解決)
強い痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)をはりで刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階:柔軟性の回復(周辺の問題を解決)
痛みが生じている筋肉のコリを、はりの刺激で一層一層溶かすようにほぐすして取りのぞきます。コリ(筋膜の癒着)が取れることで、圧迫されていた血管と神経が解放され筋肉が柔軟性を取り戻します。

第3段階:筋バランスを整える(全体の問題を解決)
コリによる関節の可動域制限や姿勢の偏りがあれば、そのコリを取りのぞいて全身の筋バランスを整えます。
施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

料金表

初見料
¥1,100
施術料
¥4,400
別府市のはり・きゅう・マッサージ券がご利用いただけます。
△¥1,100