膝痛は下肢の筋力低下を始め、肥満やランニングによる圧縮ストレス、しゃがんだり立ったりで起こる摩擦ストレス、テニスやサッカーといった膝の回旋運動によって組織を引き裂くような剪断(せんだん)ストレスが高じて起こります。

膝関節は大きな可動性を有する関節であると同時に、体重を支える荷重関節であるため高い安定性が求められます。膝関節を構成する3つの骨(大腿骨、脛骨、膝蓋骨)の表面は弾力のある柔らかな軟骨で覆われ、大腿骨と脛骨の間にある半月板も衝撃を吸収するクッションを役目をしています。また、人体最大の筋肉である大腿四頭筋が膝の安定を担っています。しかし、前述したような筋力低下や様々なストレスによるクッション機能の低下で膝の痛みが生じます。

当院では膝の痛みを取りのぞくだけでなく、膝の動きに関与する太もも、ふくらはぎの柔軟性を取り戻し、立ったり座ったりといった日常動作が快適に行える体づくりを目指します。

膝痛の原因となっている生活習慣、動きのクセ、姿勢のクセを探ります。

初回のカウンセリングでは膝痛が起こってからこれまでの経緯、生活習慣をお聞きします。検査では、歩き方のチェック、いつ痛いのか、どの動きでどこが痛むのかを確認し施術方針を決めます。

膝関節、股関節、足関節周辺の筋肉、太もも、ふくらはぎをゆるめます。

鵞足(がそく)という膝から5cmほど下がったすねの内側にある場所を中心に膝の裏、膝のお皿周辺、太ももふくらはぎの筋肉をゆるめることで膝痛は劇的に改善されます。病院で変形性膝関節症と診断され骨の変形が起こっている方でも、筋肉の柔軟性を取り戻すことで痛みは劇的に軽減します。

膝に負担のかかる要因の解消を

膝に負担がかかる要因としてランニングや登山でのオーバーユースの他に、肥満や運動不足も挙げられますが、足指の変形も膝痛に大きく関与しています。膝痛を訴える人(特に女性)の多くに外反母趾や浮指が見られます。膝の安定性が失われて変形が起きたのか、足指の変形があるから膝の安定性が低下しているのか、どちらが先かは解りませんが、膝痛の改善に足指の矯正やインソールの使用も効果的です。

施術について

第一段階:痛みの除去(部分の問題を解決)
強い痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)をはりで刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階:柔軟性の回復(周辺の問題を解決)
痛みが生じている筋肉のコリを、はりの刺激で一層一層溶かすようにほぐすして取りのぞきます。コリ(筋膜の癒着)が取れることで、圧迫されていた血管と神経が解放され筋肉が柔軟性を取り戻します。

第3段階:筋バランスを整える(全体の問題を解決)
コリによる関節の可動域制限や姿勢の偏りがあれば、そのコリを取りのぞいて全身の筋バランスを整えます。
施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

料金表

初見料
¥1,100
施術料
¥4,400
別府市のはり・きゅう・マッサージ券がご利用いただけます。
△¥1,100