顎関節痛と深層筋のはり治療はとても相性がいいです。なぜなら深層筋のはりは、正常な軌道を阻害している、関節周辺のコリを取るのが得意だからです。

顎関節痛の原因は、噛み合わせの不良、あごの筋力低下、食いしばり、頬づえ、歯ぎしり、噛み方の癖、うつぶせ寝の習慣など様々です。これまでは口腔内の問題が大きいとして、歯列矯正やマウスピースの装着などが主な治療でしたが、近年では首から顔、頭部の筋肉の緊張が問題だとして、歯科治療に整体などを合わせた治療も行われています。いずれにせよ、顎関節痛の解消には関節周辺のコリを取りのぞくことが重要です。顎関節にはり治療をすることに恐怖を覚える人もいるでしょうが、注射のような痛みはないのでご安心ください。

当院では顎関節周辺の筋肉をゆるめることで痛みを解消できるだけでなく、快適に口の開閉ができるようになることを目指します。

顎関節痛の原因となっている生活環境、生活習慣、噛み癖、姿勢のクセを探ります。

初回のカウンセリングでは顎関節痛が起こってからこれまでの経緯、生活習慣、治療歴をお聞きします。検査では、顎関節の可動域、いつ痛いのか、どの動きでどこが痛むのかを確認し施術方針を決めます。

顎関節周辺、咀嚼筋、首、肩の筋肉をゆるめます

顎関節痛に関連する、側頭部、こめかみ、頬、えら、耳の前後、首、肩の筋肉をゆるめます。顎関節にはり治療をすることに恐怖を覚える人もいるでしょうが、注射のような痛みはありません。筋肉をゆるめることで痛みを解消できるだけでなくあごの機能も改善します。

顎関節にとって一番負担が大きいのは食いしばり

食いしばりは、かみ合わせに起因するものから、ストレス、舌を動かす筋力の低下まで原因は様々です。アゴは頭蓋骨の一部なので、顎関節のコリは、頭痛、耳鳴りといった頭部器官(眼、鼻、耳、口)の機能低下をもたらすだけでなく、首肩こりの原因にもなるのでくいしばりを止める取組みが必要です。

施術について

第一段階:痛みの除去(部分の問題を解決)
強い痛みを感じている筋肉のトリガーポイント(活性化トリガー)をはりで刺激することで、痛み信号の遮断、交感神経の興奮抑制、血流の改善・増加を図ります。

第2段階:柔軟性の回復(周辺の問題を解決)
痛みが生じている筋肉のコリを、はりの刺激で一層一層溶かすようにほぐすして取りのぞきます。コリ(筋膜の癒着)が取れることで、圧迫されていた血管と神経が解放され筋肉が柔軟性を取り戻します。

第3段階:筋バランスを整える(全体の問題を解決)
コリによる関節の可動域制限や姿勢の偏りがあれば、そのコリを取りのぞいて全身の筋バランスを整えます。
施術と並行して姿勢や動き、ストレッチなどの指導をします。

料金表

初見料
¥1,100
施術料
¥4,400
別府市のはり・きゅう・マッサージ券がご利用いただけます。
△¥1,100