腰痛を知り己を知れば百戦あやうからず

腰痛患者が減らないのは誰のせい?

ブログタイトルの「腰痛を知り己を知れば百戦あやうからず」は、孫氏の兵法で有名な言葉「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」をもじったものです。戦いに勝つためには、敵についても味方についても実情をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないという意味ですが、腰痛を克服する取り組みにおいても当てはまる名言だと思います。

現在、腰痛を抱え医療機関を受診している人の数は約2800万人と言われています。少し古いデータになりますが、「国民衛生の動向・厚生の指標」(2005年・厚生統計協会)によると、腰痛を訴える人の数(有訴者数)は、人口1,000人あたり95.4 人。1986年の数字が59.1 人なので、医療が進歩した現代においても腰痛患者は減少するどころか増加しているのです。腰痛で医療機関を受診する患者数が一向に減らない理由は、長時間のデスクワークで座っている時間が増えたことや交通機関の発達により歩かなくなったこと、運動不足など私たちのライフスタイルの変化が大きく関係しています。その一方で腰痛に対する正しい知識がない為に、必要のない検査や適切でない治療を長く続けていること、安静にしすぎていることも腰痛患者数を押し上げている要因となっています。

そこで、腰痛を正しく知っていただく為に、腰痛の一大分類である、「急性腰痛と慢性腰痛の違い」、「放置してはいいけない腰痛を見極めるチェック項目(レッドフラッグ)」「慢性腰痛を招いている心理的社会的要因(イエローフラッグ)」をご紹介します。腰痛は重大な脊椎病変がない限り、正しい姿勢と体の使い方、運動によって自然に治っていくものだと言われています。今現在腰痛に悩んでおられる方は、ご自身の腰痛との関わりについて考える参考になさってください。

魔女の一撃「急性腰痛」

急性腰痛とは、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいいます。何かの拍子に突然激しい痛みが腰部を襲うため、日本では「ぎっくり腰」「びっくり腰」と呼ばれ、ヨーロッパでは「魔女の一撃」と呼ばれています。

<定義>腰に痛みが生じてから、おおむね4週間以内におさまる

<特徴>

  1. 急激で激しい痛み:事故やケガ以外では、重いものを持ち上げようとした時、くしゃみをした瞬間などに「ギクッ」とするギックリ腰が代表的。痛みのきっかけや発症時期が明確にわかる。
  2. 安静にしていると痛みが徐々に和らぐ:激しい痛みから始まっても、横になり安静にしていれば、日ごとに痛みが和らぐ。
  3. 自然に治る:安静にさえしていれば、特に治療を受けなくてもだいたい1週間程度で痛みがやわらぎ動けるようになる。長くても1ヶ月もすれば完治する。
  4. 腰にはっきりとした異常が見られない:激痛があっても、X線(レントゲン)などの画像検査の結果、腰の骨や椎間板、神経などに明らかな異常が見られないことが多い。※筋肉や筋膜が原因である為、画像検査には損傷がわからない。

<主な原因>

  1. 筋肉の疲労:重い荷物を持ち上げる、中腰の姿勢が長いなど腰の負担が大きい姿勢や動作、激しい運動を続けて筋肉の疲労がたまると、筋肉痛、肉離れ、捻挫などを起こして痛みます。
  2. ケガ(外傷):相手と激しく接触するスポーツや、転倒、事故などにあった時に、腰に瞬間的に衝撃が加わって組織が傷つき、痛みが発生します。皮膚や筋肉の裂傷、挫傷、打撲、捻挫、骨折などによる痛みです。
  3. 内臓の病気、ストレス:腹部にある臓器(肝臓、胃、すい臓、脾臓、小腸、大腸)に異常があると背部痛が生じることがあります。またストレスで胃が痛むというように、不安やストレスで心因性の急性腰痛を起こすことがあります。

急性腰痛の代名詞ともいえるぎっくり腰になった方は、その激烈な痛みから逃れようと慌てて医療機関を受診されることが多いのですが、発症してすぐは患部が激しく炎症を起こしている為、患部への直接の治療は逆効果となります。治療で出来ることと言えば、捻じれた筋膜を元に戻したり、腰と連動して動く部分の筋肉の張りを緩めて少しでも動けるようにするのが精一杯です。患者さんは治療すれば改善されると考えていらっしゃいますが、ぎっくり腰は患部の炎症が引くまで痛みがきれいに消えることはありません(大体1週間~10日くらい動いた時の痛みは続きます)。運悪く「魔女の一撃」を受けてしまったら、観念して患部を冷やし、安静にされることが第一です。

楽になっては再発を繰り返す「慢性腰痛」

腰痛患者の約8割は急性腰痛のように原因や発症時期を特定できない非特異的腰痛=慢性腰痛と言われています。また急性腰痛患者の約1/3が慢性腰痛患者に移行していくとも言われています。このことから日本の腰痛患者のほとんどはこの慢性腰痛だと言えるでしょう。

<定義>腰の痛みが3ヶ月以上続いている。

<特徴>

  1. 不快な痛みや感覚がいつまでも続く:痛み自体は全くなかったり、それほど強くなかったりするが、「ズキズキ」、「ジンジン」、「ジーン」といった体の奥に響くような鈍い痛みや不快な感覚(重さ、だるさ、はりなど)がある。不快な痛みや感覚が慢性的に続いたり、おさまったり強くなったりする。徐々に強くなっていく場合もある。
  2. いつのまにか痛み始める:いつからかハッキリしないが気がついたら腰が痛かった、という感じで、きっかけも時期も特定できない事が多い。鈍い痛みから始まる場合もあれば、急性腰痛をこじらせて慢性腰痛に移行するケースもある。
  3. 自然に治る可能性は低い:急性腰痛は一過性の強い力が患部にかかる事で発症するので、患部の炎症が引くまで安静にしていれば治るが、慢性腰痛はいくつかの要因が積み重なって発症する為、自然に治る確率は低く、何らかの対策や治療が必要。

<主な原因>

慢性腰痛は原因が特定できるものと、特定できないものがあります。その比率は特定できるもの=特異的腰痛が約15%、出来ないもの=非特異的腰痛が85%と言われています。※特異的腰痛も非特異的腰痛も急性腰痛として発症することがありますが、治療をしなくては改善しないことから、この項で解説をします。

特異的腰痛(腰痛になった原因が特定できる)

<定義>医師の診察および画像の検査(レントゲ、MRI、造影検査など)で腰痛の原因が特定できる。※医療機関を受診する腰痛患者の約15%の割合といわれている。

<特異的腰痛の代表例>

  • 椎間板ヘルニア:骨と骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が突出あるいは脱出し、座骨神経の始発駅部分である腰の神経(主に神経根)が刺激されることによる症状。
  • 脊柱管狭窄症:様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚(太く厚くなる)し、脊柱管(せきちゅうかん=脊髄(中枢神経)を納めている細長い空間)が狭くなって末梢神経を圧迫し、血行を阻害することによる症状。腰痛よりも下肢症状(座骨神経痛など)が主訴。
  • 圧迫骨折:外傷や椎骨の弱まり(骨粗しょう症、骨形成不全など)によって押しつぶされるように変形してしまう骨折。
  • 内臓由来の腰痛:腎尿路系疾患、婦人科系疾患、感染性脊椎炎や癌の脊椎転移。
  • 血管由来の腰痛:腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤など。
  • 神経由来の腰痛:脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など。

非特異的腰痛(腰痛になった原因が特定できない)

<定義>医師の診察および画像の検査(レントゲ、MRI、造影検査など)で腰痛の原因が明確に特定できない。画像診断には問題が見られない。※医療機関を受診する腰痛患者の約85%の割合といわれている。非特異的腰痛は下記の何か一つの要因だけが関与しているケースはまれで、いくつかの要因が複合的に関与しています。

<非特異的腰痛の要因となるもの>

  • 動作要因:重い物を頻繁に取り扱う、腰を深く曲げたり、ひねったりすることが多い、長時間同じ姿勢で仕事をする、仕事で不自然な姿勢が連続しているなど。
  • 環境要因:身体が寒冷にさらされる、車の運転などの全身振動に長時間さらされる、職場の机や椅子の高さが合わないなど。
  • 個人的要因:加齢による筋力の低下、筋力の低下による姿勢の悪化、猫背など悪い姿勢が日常化している、激しい運動を日常的にしている、肥満、腰が痛いときでも休めない、夜間勤務が長い、夜勤回数が多いなど
  • 心理的要因:職場の対人ストレス、仕事の満足度が得にくい、働きがいが感じられない、仕事中にイライラすることが多いなど。

慢性腰痛の85%は原因が特定できない、というのに驚かされませんか?腰痛で整形外科に行くと必ずと言っていいほどレントゲンを撮られますが、症状と画像診断から得られる所見が一致しない例がほとんどなのが腰痛の実態です。では何が痛んでいるかというと画像には映らない筋肉や筋膜です。そして筋肉や筋膜を傷めるのは日常の動作、姿勢、そして筋肉への酸素と栄養供給を担う血液の供給を阻害するストレスや生活習慣なのです。

重大な脊椎病変の有無を探る『レッドフラッグ』

以下にご紹介する「レッドフラッグ」は、2014年にヨーロッパで発表された『腰痛診療のガイドライン』から引用しました。このヨーロッパ版『腰痛診療のガイドライン』は、ヨーロッパ14か国(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス)の専門家が参加して作成されたもので、世界で最も高い評価を得ています。

このガイドラインでは、まず腰痛患者を診断する時は、急性・慢性に関わらず「重大な脊椎病変の可能性があるかどうか=レッドフラッグ」をチェックするよう勧告しています。重大な脊椎病変とは、悪性腫瘍、脊椎感染症、骨折、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、馬尾症候群などです。これらの病気で腰痛を発症する人は全体の5%程度と言われていますが、万が一当てはまっていればすぐに適切な治療を必要とする重大な病気です。

レッドフラッグのチェック項目は以下の通りです。

  • 発症年齢が20歳未満、或いは55歳を超えている
  • 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
  • 進行性の絶え間ない疼痛(安静にしても軽減しない)
  • 胸部痛
  • 悪性腫瘍の既往歴
  • ステロイド剤の長期に渡る使用歴
  • 非合法薬物の乱用、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
  • 全身的な体調不良
  • 原因不明の体重減少
  • 腰部の強い屈曲制限の持続
  • 下肢の全体的衰弱や進行性衰弱,または歩行障害
  • 身体の変形
  • 発熱
  • 膀胱直腸障害と馬尾神経麻痺(サドル麻痺)

これらレッドフラッグに該当した患者は、生命にかかわる危険な病気を除外するために画像検査や血液検査を受けるよう勧告しています。そしてレッドフラッグに該当しなければ、「重大な脊椎病変」ではない、時間が経てば腰痛は自然に治ってしまうものだと、ガイドラインはとらえています。またレッドフラッグに該当しない患者への画像検査は、放射線による被ばくリスクや画像検査で得られた結果(椎間板や脊柱管狭窄などの骨格の変形)と腰痛との関連性が低いことからやるべきではないと推奨しています。そして、腰痛を慢性化させ、再発率を高めている要因は他にあると記されています。それが次にご紹介する「心理的要因」「社会的要因」です。

慢性腰痛を招いている心理的社会的要因を探る『イエローフラッグ』

「重大な脊椎病変がない」「整形外科でレントゲンやMRIなどの画像検査を受けたが問題ないと言われた」「腰痛の治療を長く受けているのに一向に良くならない」。そんな腰痛持ちの方は以下に紹介する『イエローフラッグ』の項目をチェックしてみて下さい。

イエローフラッグとは腰痛に対しての考え方や心のあり方が腰痛を慢性化させ、再発率を高めていると言われる危険因子の事です。これまでご紹介した通り、腰痛は「重大な脊椎病変」がない限り自然に治るものです。腰痛の改善を妨げるいる要因が治療機関にあるのか、ご自身の環境や考え方にあるのかを確認してみてください。きっと、腰痛改善法のヒントがあるはずです。※イエローフラッグは様々な国の診療ガイドラインで紹介されているが、ここではニュージーランドのものを紹介します。

■腰痛に対する不適切な態度と信念

  • 痛みは有害である、あるいは痛みがあると何も出来ないと信じこんでいる。その為痛みが恐怖となり活動することを回避している。
  • これまでの日常生活や仕事に戻るには、すべての痛みをなくす必要があると考えている。
  • 日常生活や仕事で痛みが強くなると信じ込んでいて、元の生活に戻るのに不安がある。
  • 今の自分は絶望的で最悪の事態におちいっていると言った、身体症状に対して誤った解釈をしている。

■不適切な行動

  • 長い間安静にしたり、必要以上に休息をとったりする。
  • 日常生活動作を避けているために運動不足である。
  • 運動に関する指示を守らず、気が向いた時にしか身体を動かさないので、日によって運動量が大きく異なる。
  • 徐々に生産的な活動から離れていくような生き方に変わってきた。
  • 0~10までの疼痛尺度で、10を超えるようなきわめて激しい痛みを訴える。
  • 治療者や医療機器に対する依存心が強い。
  • 腰痛の発症後に睡眠の質が低下した。
  • 腰痛を発症してからアルコールやサプリメントなどの摂取量が増え続けている。
  • 喫煙習慣がある。

■補償問題

  • 職場復帰に対する経済的動機が乏しい。
  • 生活保護(所得保障)や医療費の問題で紛争していて、その解決が遅れている。
  • 腰痛以外の傷害や痛みの問題で補償請求をしたことがある。
  • 腰痛以外の傷害や痛みの問題で仕事を3ヵ月以上休んだことがある。
  • 前回の腰痛でも補償請求と長期欠勤をしていた。

■診断と治療の問題

  • 機能回復を目指す治療は行なわずに安静を指示された。
  • 腰痛に関して異なる診断や説明を受けて混乱した経験がある。
  • 絶望感と恐怖心をいだかせる(車椅子生活を連想させるような)診断名を告げられた。
  • 受身の治療を続けているうちに治療への依存心が強くなり、腰痛がさらに悪化している。
  • 昨年、今回の腰痛以外の問題で何度か医療機関を受診している。
  • 身体を機械のように考えていて、修理を求めるような技術的な治療法への期待感がある。
  • これまで受けてきた腰痛治療に対して不満がある。
  • 過去に効果の上がらない治療を受けた(関心を示してもらえなかった、ひどいことをされたと感じた)経験がある。
  • 仕事をやめなさいというアドバイスを受けたことがある。

■感情の問題

  • 日常生活や仕事によって強くなった痛みに対する恐怖心がある。
  • 抑うつ状態(ことに長期間にわたる気分の落ち込み)があり、楽しいと思えることがない。
  • 普段からとても怒りっぽい。
  • 不安が強くて身体感覚が過敏になっている(パニック障害も含む)。
  • 自分の気持ちを抑えられないほどの大きなストレスを感じている。
  • 社会的不安があり、社会活動にも興味ない。
  • 自分は役立たずで、誰にも必要とされていないと感じている。

■家族の問題

  • 配偶者やパートナーが痛みに対する恐怖心をあおったり、絶望的な気持ちにさせたりする(たいていは善意からのもの)。
  • 配偶者やパートナーが仕事を代わりにしてくれるなど、熱心に気遣ってくれる。
  • 配偶者やパートナーから無視されたり欲求不満をぶつけられたりなど、ひどい仕打ちを受けている。
  • 職場復帰へ向けたあらゆる試みに家族の協力が得られない。
  • さまざまな問題について語り合える相手がいない。

■仕事の問題

  • 漁業、林業、農業、建設業、看護師、トラック運転手、作業員などの肉体労働をしていた。
  • 頻繁に転職を繰り返す、ストレスの多い仕事、不満のある仕事、同僚や上司との関係がうまくいかない、やりがいのない仕事などをしていた。
  • 非協力的で不幸な職場環境で働いている。
  • 学歴が低く、社会経済的地位も低い。
  • 物を持ち上げる、重い物を扱う、座りっぱなし、立ちっぱなし、車の運転、振動、同じ姿勢をとり続ける、生体力学的影響を強く受ける仕事をしている。
  • 24時間交代勤務制、もしくは人が働かないような時間に仕事をしている。
  • 職場に復帰する際、軽い仕事から始めたり、段階的に勤務時間を増やしたりすることが許されない。
  • 腰痛に対する会社側の対応で嫌な思いをしたことがある(腰痛になったことを報告するシステムがない、報告が禁止されている、経営者や上司からの懲罰的な反応など)。
  • 会社側が関心を持ってくれない。

いかがでしたか?このガイドラインは治療者に向けたものなので、少し解りにくい部分があったかも知れませんが、腰痛を発症する要因がご自身を取り巻く環境や生活、考え方にあるのでは?と思っていただけたのではないでしょうか?腰の痛みを軽減させる治療は、痛みというストレスを排除する、生活の質を上げるという点において必要なのですが、結局は対処療法にすぎないんじゃないかと常々感じています。慢性的な症状を根本的に解決し再発しないようにするには、痛みを生じてしまう環境や生活習慣、運動習慣の見直しが不可欠です。「腰痛を知り己を知れば百戦あやうからず」。腰痛は難敵ではありません。是非ご自身の中から腰痛に屈してしまう要因を取り除いていってください。

まとめ

腰痛には安静にしていれば自然に治る「急性腰痛」と治療をしなければ改善しない「慢性腰痛」があります。「慢性腰痛」の中で医師の診察や画像の検査(レントゲ、MRI、造影検査など)で腰痛の原因が特定できるのは腰痛患者の約15%。残りの85%はこれといった原因が特定できない非特異性腰痛です。腰痛は「重大な脊椎病変=(レッドフラッグ)」がない限り自然に治るものです。それを阻んでいるのが「心理的要因」「社会的要因」=(イエローフラッグ)です。腰痛を根本的に解消するには、腰痛を生じさせる環境や生活習慣の見直し、そして運動が不可欠です。

関連記事

  1. 動きと姿勢を制御する『深層筋』とは

  2. デスクワークでエコノミー症候群に!? 座りっぱなしの弊害

  3. 首痛の原因:その4『食いしばりによる首こり』

  4. 首こり・肩こりを予防する体の力の抜き方

  5. 首痛の原因:その2『腕の疲労性の首こり』

  6. なかなか治らない首痛を起こす5つの要因